フランス留学は短期集中型が多い

  • 留学の種類と選び方

    • 留学と一言で行ってもさまざまな種類があり、期間も1週間から数年間海外で生活するものなど色々選べるプログラムがたくさんあります。


      また、期間中行うことも語学からホームステイ、ワーキングホリデーやボランティア、インターンシップなどできるようになってます。


      そのため、留学をしたい場合には自分が学びたいことを考えて目的を明確にすることが大切です。



      ただ海外に行ってみたいというだけなら旅行で十分ともいえ、自分のやりたいことを学べるのが留学ともいえます。



      学校に通いたいという場合には、短期間から長期間まで行える語学、単位習得を目指して学校に通うことや、現在の学校に在籍したまま海外の学校に一定の期間留学するタイプなどがあります。
      働きながら海外で生活する場合には、長期滞在の資金不足を補い働くことができるワーキングホリデーはオーストラリア、ニュージーランドなどの12ヶ国でこの制度を利用する事ができ、学生が一定期間企業や団体などで研修生として働き就業体験ができるインターンシップも活用することで海外生活を楽しむことができます。また、学生なら長期間の休みを利用して海外で生活できるプログラム、サッカーやダンス、バレエなどのスポーツをトレーニングしたい場合も短期間から長期間までレッスンを受けられるプログラムなどもあります。留学先の国はさまざまありますが、自分の目的に合い、サポート会社のカウンセリングなどを利用して治安情報が知ることのできる土地がおすすめです。

      NAVERまとめに関する疑問が解決できます。

  • 関連リンク

    • 音楽留学が可能な国は多いです。まずアメリカでは、私立から公立まで多くの音楽学校があります。...

    • 留学と一言で行ってもさまざまな種類があり、期間も1週間から数年間海外で生活するものなど色々選べるプログラムがたくさんあります。また、期間中行うことも語学からホームステイ、ワーキングホリデーやボランティア、インターンシップなどできるようになってます。...